さーみsa-mi’s 子育て・人生ダイアリー

子育てや人生における自分の思いなどあれこれ書いてます。

育休ウーマン家を買う~あなたは賃貸派?持ち家派?~

こんばんは。

4月初めての週末が終わり、

いよいよ明日から新しい職場になる方もいらっしゃいますよね。

初日は気疲れするでしょうから、がんばりすぎず・・・がいいですよ。(´・ω・`)

 

さて、今日は人生で一度は考える「家」について書きます。

私自身は田舎だったので、無駄に広い

一戸建て(持ち家)で育ちました。

(田舎だと、アパートのほうが珍しいんです)(*´Д`)

 

みなさんは、賃貸派ですか?持ち家ですか?

 

我が家は、夫も私も転勤族。

だから、私は身軽な賃貸派でした。だって・・・

 

 〇好きな場所に住める

 〇自分の好きなアパートやマンションが選べる(デザイナーズとか)

 〇深い近所づきあいをしなくていい

 〇引越しがあるから荷物が増えすぎない

 〇ローンを組まなくていい

 〇家や土地に縛られない

 

なんといっても、田舎育ちの私にとって

家や土地に縛られない!

好きな場所に住める!!( *´艸`)

というのが、1番の魅力でした。

(高校の頃から田舎・家を早く出たかった私・・・)

 

しかし・・・

タイトルにある通り、家族会議で」

(といっても夫と2人ですが)

家を建てることになりましたー!!!(≧▽≦)

(今すぐではなのですが・・・)

 

では、なぜ賃貸派の私が持ち家派になったのか?

その理由はやはり、子どもの生活を優先して考えたから

です。

 

具体的に書くと

 〇親の都合による転校を避けたい

 〇共働きのため、祖父母の手を借りる必要がある

  →互いのプライバシーを守る場所が欲しい

 〇子ども達が帰る実家があるといい

  →将来住むか、売るかは本人次第でよい

 〇私達夫婦に万が一の時に、最低限の居場所、生活を保障したい

  →住宅ローンを組む場合は、団体信用生命保険に加入

  

団体信用生命保険とは、住宅ローン専用の生命保険のことです。
住宅を購入するときに住宅ローンを借りると思いますが、住宅ローンの借り入れに団信の加入を条件としていることがほとんどです。

団信に加入していれば、住宅ローンの債務者が死亡したときや高度障害状態になったときでも、住宅ローンの残金の分の保険金が金融機関に支払われ、住宅ローンを清算することができます。

(保険の教科書 hoken-kyokasho.com/dantaishinyohoken)

 

そうです、私たちに万が一のことがあったとき・・・

これが決め手です!

 

万が一の事態でも家賃なしで住める家がある。

家が不要なら売ってくれてもいい。

(そのために、土地は駅周辺を購入)

 そう思って決断しました。

 

この決断は私1人で生活していたら、絶対になかったであろう選択。

守るべき子ども達がいてくれたからこそ、できた考え方です。

そう思うと、子どもの存在って本当にスゴイ!!

 

ただ、これは地価が高すぎない我がふるさとだからできたこと。

必ずしも誰にでも当てはまることではないかもしれません。

 

今現在、様々なハウスメーカーを物色中。

といっても、1年くらい見ているので自分たちなりの

理想の住まい像はある程度2人で想像できるようになってきました。

 

あとはどの会社で実現するか?

どなたか情報がありましたら、ご一報ください(*ノωノ)

 

f:id:se-sami-street:20170403002440j:plain

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

仕事のち育休生活~出産前と育休中に思うこと~

こんばんは。

もう4月ですね!!

4月になると新しいことが始まる予感満載で

なんだかワクワクします(^^♪

 

さて、今日は仕事中と育休生活で感じたことについて書きますよ。

 

私は、大学卒業後から仕事を始め、産休・育休に入るまで

10年間仕事をしてきた。

今考えると、かなり本気度MAXで働いており٩( ''ω'' )و

朝7:00~夜9:00は当たり前。

遅いときは、日をまたぐこともあり、家に帰って寝るだけの生活・・・

さらに、終わらないときは持ち帰って仕事をする始末。

それでも、達成感はあったので、ツライことはあっても

仕事を辞める選択肢はなかった。

(迷ったことは正直ある・・・(/ω\)

 

そんな私が産休に入ることになり、

突然ののんびり生活。

今までの生活とは180度変わる訳ですよ。

 

最初は「自由だ~!!」と喜んでいたものの、

1週間もすれば飽きていた。

 

〇話をするのはのは夫だけ。(夫、転勤。知り合いなし)

〇妊娠中だんだん体が重くなり、散歩も1時間が限界。

〇仕事といえば、家事のみ。(評価してくれる人は夫だけ)

〇赤ちゃんを迎える準備を終えてしまえば特にやることなし。

いや、退屈レベルではなく、

社会から切り離された感・孤独感満載でした

(ノД`)・゜・。

あんなに「大変だ」と思ってた仕事に未練タラタラなんですもの。

 

その後、無事に出産を終え、育休に入って思うこと。

仕事してたときのほうが、世間が狭くないか?

 

ツイッターで呟いたとおり、今やネットやSNSで

いくらでも人や新しい知識と繋がれる。

きっと、育休なしだったら気づかなかったこと。

盲目的に働いてたんですねー、私。

 

仕事してたら、料理も今ほど覚えてないし、読書もツイッターもしてない。

メルカリもやってないだろうし、ブログなんて書く余裕なかったはず。

 

育休というありがたい時間をもらったこそできたことって結構ある。

まさにime  is  money だ。

この間、子どもとの時間を大切にしながら

新しいことをたくさん始めようと思う。

産休・育休前は考えもしなかったことだが、今は退職も視野に入れている。

(育休中だから仕事復帰前提ではいますが・・・)

 

やはり、子どもとの時間は大切にしたいですからね。

子育てなんていくら長くても我が子が18歳まで。

いや自立が早ければ義務教育が終わる15歳で、

親の元から離れていく子もいる。

 

それまでに私自身もたくさんのスキルを身につけておきたい。

チャレンジ期間を十分に満喫するぞ!!

今日から4月。なんだか、やっぱりワクワクする(^_-)-☆

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

こんなの届きました!!~全国の子育て中のママさんへ~

こんばんは。

今日は3月30日。明日で3月も終わりです。

今日はほっこりした出来事があったので、それをゆる~く記事にします。

 

郵便ポストを見ると、地域の子育て支援センターから手紙が。

(うちの地域は登録制の支援センターが多いです。)

毎月、予定表やらおたよりを送付してくれます。

 

私は、最近お隣のママとお家で過ごしたり、

公園に一緒に遊びに行ったりしていて

あまり子育て支援センターには足を運んでないのですが、

計測やママヨガのチェックはしています。

 

今回も予定表をチェックし、おたよりを一読。

あれ?!封筒にもう一枚入ってる。!(^^)!

な、なんと

どーん!!('Д')

f:id:se-sami-street:20170330235200j:plain

表彰状だ!!!(^^)!

思えば、子育ても家事もやって当たり前。

子育てや家事を手抜きして、罵られることはあっても

褒められ、称えられることなんてまずない。

まさに、縁の下の力持ち状態。

下手をすれば、1日ダンナ以外の誰とも話してない・・・*1

なんて閉鎖的な日もある。

 

それを、こんな形で表彰されるなんて、

嬉しさの極み。とても素敵なサプライズでしたー(ノД`)・゜・。

子育て支援センターの先生方、本当にありがとうございます(*´Д`)

心から感謝です!!

来年度は、子どもと一緒に遊びに行きます!!

 

そして、全国の子育てをしているママさんへ

f:id:se-sami-street:20170331000431j:plain

 

毎日子どもと向き合い、よく頑張っていますよね。

時に子どもの可愛さにキュンキュンし

またある時には思うようにいかず、イライラしても

その愛情は無限大です。

これからは、自分のことも大切にしてくださいね。

だって、我が子にとってのママは1人しかいないのですから。

 

ともに同志として、息抜きしながら、細ーく長ーく

子育てしていきましょう!!(^_-)-☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

 

 

*1:+_+

今の自分はどうやって形成されたのか~時間は未来から流れてくる~

こんにちは。

今日は子どもと外でシャボン玉。

春らしさを感じることができました。(^^♪

 

さて、今日は「今の自分はどうやってできたの?」ということに

ついて書きます。

 

私は現在の自分が好きです。

 

・・・が、仕事で忙しくいていた頃は、失敗はするし、人間関係では悩むし、

自分自身にも仕事にも嫌気がさしていた時期がありました。

そんなとき頭をよぎるのは

「前も○○して失敗していたし・・・」という自己嫌悪感。

「いつも自分ばかりがこんな目に遭っている・・・」という被害者意識

 

嫌な過去の思い出を引っ張り出したり、

自分より良い状態の周りの人達と比較したりして考えていました。

 

つまり、過去のマイナスの部分にフォーカスして今の自分

を位置づけていました。

 

そもそも私自身、

過去の色々な選択や経験によって今の自分ができた

という思いが強かったのです。

 (過去の経験が今の自分に影響を及ぼしていることは否めませんが。)

そうすると、

「あのとき、○○していれば別の道があったはず・・・」

という後悔やきっと訪れていたであろう違った未来をうらやむようになる。

(まさに、タラレバ娘!!)|д゚)

 

そんなとき、私に衝撃を与えたのが

「時間は未来から流れてくる」という考え方。

以下参考。

 

本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード

本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード

 

 

 

 

 

 

当時は「未来は過去の積み重ねでできているに決まってるじゃん!」( `ー´)ノ

って思わずツッコミをいれました。

 

簡単にいうと、

「未来の自分が望んでいる姿=今の自分という形で表出している」

「今の自分は、未来の自分が望んだ人生を歩んでいる」

ということ。

 

ここでミソなのは、

①未来の自分を明確に想定すること

→未来の自分が想定されてないと、今の自分の構成要素は「過去の自分」だけになる。

私みたいに過去の選択や経験で未来が決まると思ってたら、未来は過去に左右されるのです。

②未来の自分を想定するには、潜在意識の力を使う

(これはまたの機会に書きますね。)

 

イメージとしては、人生に自分軸をもつという感じ。

自分軸があれば、そこからずれたときに、修正できます。

軸がなければ流されるだけ。

 

そこで、私が実践したこと。

自分のライフイベント表を書く!!

f:id:se-sami-street:20170329171656j:plain

自分たち家族の年齢ごとに起きるライフイベントは決まっています。

まずはそこを可視化し、そのときにどんな状態でいたいのかを

明確に想定します。

どこに住みたいか?

どのくらいの費用が必要か?

どんな生活を思い描くか?

 

このライフイベント表をもとに、自分の思い描く未来を創造するのです。

計画だから、いつ変更しても構いません。

いかようにも脚色してよいのです。

ポイントは自分の人生に「軸を通す」ということ。

 

このライフイベント表を作ってみて

「未来から時間が流れてくるってこういうことか!!(*'▽')」

と納得しました。

未来の自分の姿(願望)

→今の自分が必然的に決まってくる(今の状態を引き寄せる)

  

すると、過去に縛られなくなります。

たとえ失敗しても

「あのときの判断は、ベストだった。ただ遠回りしただけ。」

と自分の過去も受け入れられるようになるのです。

すると・・・

 →自己嫌悪感がなくなる

 →自分が好きになる

 

「時間は未来から流れてくる」

皆さんの参考になりますように(^_-)-☆

 

ランキングにさんかしました!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村      ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人の夢~ワクワクした毎日にするために~

こんばんは。

今日はお隣のママの家に半日入り浸ってました・・・

子ども達も私達もストレス発散になるから

そんな関係でいてくれるお隣さんに感謝です(≧▽≦)

 

さて今日は、「自分が思い描く夢」のお話。

「夢」の意味は様々なものがありますが、今回は2、3に近いでしょうか。

私は「夢」=ワクワクする未来の出来事だと思っています。

 

ゆめ【夢】

《「いめ」の音変化》
1 睡眠中に、あたかも現実の経験であるかのように感じる一連の観念や心像。視覚像として現れることが多いが、聴覚・味覚・触覚・運動感覚を伴うこともある。「怖い夢を見る」「正(まさ)夢」
2 将来実現させたいと思っている事柄。「政治家になるのが夢だ」「少年のころの夢がかなう」
3 現実からはなれた空想や楽しい考え。「成功すれば億万長者も夢ではない」「夢多い少女」
4 心の迷い。「彼は母の死で夢からさめた」
5 はかないこと。たよりにならないこと。「夢の世の中」「人生は夢だ」→夢に →夢にも   出典|小学館 デジタル大辞泉

 皆さんには「夢」はありますか?

幼い子どもや成人前の高校生、大学生にはよく問いかけているこの「夢」

大人になると「夢」はなくなってしまうのでしょうか?

 

そうではないですよね。

意識しなくなるんです。忘れてしまうとも言いますか。

 

子育てや仕事など、目の前のことに精いっぱいだから

自分のやりたいことが見つからないから

そもそも「夢」ばかり見ているようじゃ現実を見れない・・・など

 

でも「夢」があることでワクワクするのなら、

絶対に自分の中に持っていたほうがいい!というのが私の考えです。

毎日そのことを考えるとワクワクする

時間が過ぎるのが楽しくなる

そんな気持ちを常に持っていたなら、毎日の生活にちょっとした潤いが生まれます。

辛いときがあっても、「夢」に目線をうつせばいい。

そう、自分の気分を上げる↑!(^^)!ためのアイテムにすればいいのです。

 

そこで、私が実践していること。

実現したらワクワクすることを100個書く!!

コレ、毎年やってます。

「2か月に1回はエステに行く」という小さなものから

「海外に移住して、観光ボランティアをする」という比較的長期スパンのものまで

たくさんありますが、とにかく100個書くのです!

すると、自分の中に意識化され、「夢」を書いているだけでワクワクします( *´艸`)

 

私が昨年書いた100個の夢のうち、実現したのは17個。

これを多いと見るか、少ないと見るか色々意見はあると思いますが、

夢のレベルを問わず、単純計算すると、6年で100個の夢が叶うんですよ!!

すごくないですか?!(≧◇≦)

 

しかも毎年「夢」を書いていると「夢」の質も変化します。

そう、年数やかかる費用などの数字が入ってより具体的になる!

なんだか、もうすぐ叶いそう・・・な感覚。

 

また、毎年出てくる「夢」が出てくる=本気度高い!!

 

「夢」を見える化すると、自分が主役のワクワクした未来が見えてくる。

→そのワクワクした大人を見ることで、子どもも「大人って楽しそう」って思える。

→子ども達自身が楽しい未来を創る

私はそんな感覚を覚えました。

最後に・・・

皆さんには「夢」はありますか?(2回目です!)

 

※これを書いている私がなんだかワクワク(^^♪

 ここまで読んでくださり、ありがとうございました(^_-)-☆

 

 

2つの出産のカタチ〜自然分娩と帝王切開〜

こんばんは。

我が家には2人の子どもがいます。

実は、上の子は自然分娩で

下の子は逆子のため、帝王切開。

今回は私が経験した自然分娩と帝王切開の違いについて書きます。

 

自然分娩

前回のブログで書きましたが、私は初産で陣痛開始から13時間46分(母子手帳記録)分娩室に入ってからは約30分の超安産でした。

 

入院期間・傷の処置

入院5日間

縫合は10分程度。それから約1時間分娩室に待機

 

痛み

出産が近づくにつれてだんだん陣痛が強く、陣痛の間隔が短くなります。私は痛みの感覚に体を慣らしていく感じがありました。

 

産後は後陣痛といって、子宮が収縮する際に痛みがあります。これは、初産より経産婦のほうが強いと言われています。

私は、初産のためかあまり感じず…

陣痛がMAXの痛みでした。

傷の痛みはあるものの、2時間後にはトイレにも自分で行けたし、2日後にはシャワーもOKでした。

大体2週間くらいまで傷の違和感がありました。

 

費用

地域や病院によって違ってくると思いますので、参考程度に。私は産後5日で退院しました。

個室を利用したため、出産一時金42万円+7万円でした。

 

感想

陣痛開始から13時間もの時間、赤ちゃんと一緒の共同作業を終えたと思うと充実感、達成感、幸福感でいっぱいに。( ^ω^ )

陣痛がピークの痛みだったので、無理をしなければ、後は回復を待つのみ。

 

帝王切開

下の子は妊娠28週から逆子(骨盤位)が直りませんでした。お医者さんはギリギリまで自然分娩を考えてくれていましたが、35週で予定帝王切開が決定。予定日は手術室の空いている日からお医者さんと相談して決めました。

最初は気軽に考えていた私…

 

入院期間・傷の処置

入院期間8日

(産前1日+産後7日)

傷の処置

部分麻酔、排尿管の準備、切開から縫合まで約1時間弱

※麻酔は腰あたりに注射されます。

 

痛み

私は赤ちゃんが大きかったせいか、12㎝切開。

手術中、術後数時間は麻酔が効いているため痛みはありません。その分、麻酔が切れて痛みが出てきたときの反動がスゴイ。(ノД`)・゜・。

 

鈍痛→激痛へ。帝王切開でも後陣痛はある(経産婦のため痛みも強く)のですが、もはや後陣痛なのか、切開した傷の痛みなのかわかりません…*12つの痛みがダブルで襲ってきます。

そのため、痛み止めの薬や点滴で対処。看護師さんからはまだ我慢できる痛みか確認されますが、痛み止めが効くまでは時間がかかるので、(その間も痛みは進行中)早めに対処して欲しかった…

 

しかも、術後1日目以降は傷が癒着(皮膚がくっついてしまうこと)しないように、トイレなどに行ってできるだけ動くように言われます。

実際、私は起き上がってから個室内のトイレ5mに行き、ベッドに戻るまで30分かかりました。

傷が痛すぎて入院中はほぼ個室にこもりきり。退院後も1週間は腹筋が使えないという悲惨な生活でした。

はっきり言って、赤ちゃんどころではなく、このまま自分の体が戻らなかったら…という不安に襲われました。

 

費用

帝王切開は医療行為なので、保険適用になります。

私は限度額適用認定を使い、出産一時金でお支払い。あんなに薬や点滴を使ったのに、おつりがきました。

しかも、入院条件にあった医療保険に入っていれば、申請後保険金がおります。

私の場合、保険に入っていたのもあり、完全に黒字になりました。

完全に体の犠牲の上に成り立つお金です・・・

 

感想

産前入院の時に、手術について説明を受けます。輸血承諾書や傷の癒着、後遺症が出る場合についてなどの話を聞くと結構恐怖です…(*´Д`)

なお、一度帝王切開をすると、子宮の傷口が弱くなるため自然分娩は難しくなるそうです。

 

赤ちゃんと会ったのは、手術室での数分。元気に産声をあげてくれたので、安心しました。しかし、縫合中すぐに新生児室に連れて行かれ、お医者さんと看護師さんに囲まれて時間が過ぎる…出産の喜びはあったけど、実感は薄い…というのが本音です。

そして、出産日が分かるし、陣痛がない(^^♪・・・なんて考えていた私は帝王切開を完全にナメてました(/_;)

 

まとめ

あくまで主観ですが

 

痛み:帝王切開>自然分娩(最初に痛いか後に痛いかもあります)

費用:自然分娩>帝王切開

達成感:自然分娩>帝王切開

誕生の喜び:自然分娩=帝王切開

 

一言でいうと自然分娩は赤ちゃんとママの共同作業

帝王切開はママの体を犠牲の上に成り立つ赤ちゃんとの出会い方。

でしょうか…

 

自然分娩も帝王切開もママがお腹を痛めて産むことに変わりはありません。

出産方法に違いはありますが、2人とも可愛い我が子です。

日に日に成長する子ども達の未来が楽しみ♫

 

これから、出産を控えているママ、新しい家族を考え中のご夫婦の参考になれば幸いです(*≧∀≦*)

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

f:id:se-sami-street:20170326163618j:plain

*1:+_+

ほろ苦出産エピソード~病院選びは正しかったのか?~

こんばんは。

前回のブログ「妊娠がわかったら~私の病院選び~」の続編です。

 

samisamiism.hatenablog.com

私の病院選びの優先順位

NICU(新生児集中治療室)がある

⑦個室に入りたい(しかも各部屋シャワー付き)

⑬母子同室か赤ちゃん預かりが選べる(私は2、3日預かりを希望)

⑲駅から近い=検診も1人で行ける

 妹宅から近い=不測の事態への対応、買い物に行ってもらえる

⑱入院セットが充実(貸出パジャマや洗面用具がすべて揃っていた!!買い物少なっ)

 

以上の項目を念頭に、母子ともに安全が保証されていることを優先させた私は

NICUのある総合病院で出産することを選択しました。

 

さて、その選択は正しかったのか・・・?

結論から言いますと、完全正解でした!!

というのも、生まれて間もない我が子がNICUに入院することに・・・

そのほろ苦いエピソード、読んでやってください(´・ω・`)

 

私の出産エピソード~陣痛・出産~

私は予定日一週間前から病院近くの妹のアパートに居候していました。

予定日 前日になっても陣痛の気配がなく、病院から1時間半の自宅へ夫と帰宅。

これが間違いの始まりでした・・・

すると、明け方にお腹に違和感→痛みが・・・

(今まで一体何のために妹宅にいたのか?とツッコミが入りましたよ、ハイ)

 

夫に伝えるもまだ痛みがさほどでもなく、我慢することに。

その間、朝風呂が習慣の夫はシャワータイム。(←この野郎!です( `ー´)ノ)

だんだん痛みが強くなり、病院へ電話していざ出発。

痛がる私を横目に、完全に夫焦ってたな。( *´艸`)

 

病院到着後すぐに陣痛室に入り、夫に腰をさすってもらいながら、陣痛と戦っていたのですが、まだ分娩室には入る段階ではなかったんです。

その間、個室が空いたということで念願の個室へ移動。

そこへ、夫の連絡を受けた両家の母親登場。

こっちが苦しがってるのに、笑いながら雑談しはじめた・・・*1(←やっぱりこの野郎です!( `ー´)ノ)

一体何しに来たの?

と思いつつ、部屋の明るい雰囲気と陣痛に耐えられずトイレにこもる私。

「大丈夫ですか?」

と部屋に来てくれた看護師さんに診察→即、分娩台へ

赤ちゃんと一緒の共同作業と自分に言い聞かせ、痛みに耐えつつ、お腹に力を入れる。

いや、実際はこの痛みから早く解放させてくれーって感じですよ・・・(+o+)

分娩室に入って30分くらいで長女誕生(ノД`)・゜・。 

 

痛みからの解放感やっと会えたという感動無事に生まれて来てくれてありがとうという感謝といろんな感情が一気に押し寄せました。

 

分娩室で赤ちゃんと触れ合った後、個室に戻り体を休める。

心から健康に生まれて来てくれてありがとうって思ってました。

~初めての母子同室~

翌日昼過ぎから母子同室開始。連日両家の両親がお見舞いに来てくれお祝いムードの1日を過ごしました。

しかし、赤ちゃんと一緒の初めて夜。事件が・・・

その日は夫も一緒に泊まってくれていたのですが、なんだか赤ちゃんの呼吸が荒い気がする・・・

心配になってナースコールすると、即、ナースルームへ連れてかれる

せっかく生まれてきてくれたのに、命の火が消えるんじゃないかって不安でいっぱいので仕方なかったです

翌日、産婦人科医→小児科医の診察を受け、一過性多呼吸と判明。(ノД`)・゜・。

母子同室どころか、大事をとって小児科へ入院、NICUへ。

 

どうやら、お腹の中から肺呼吸へ切り替えがうまくいかったみたいです。

今は冷静に語れますが、産後すぐはどうにもできない無力感と不安でいっぱいでした。その後、1週間位入院する羽目に・・・

赤ちゃん入院中も義父母はお見舞いに来てくれましたが、私は超不安定な精神状態。

気が許せる身内、血縁関係のある家族でさえも受付困難だったのに。

やっぱり、やっぱり、この野郎です( `ー´)ノ

 

出産を終えて学んだこと

〇リスクを抱えている妊婦さんは総合病院がおすすめ

 →私はリスクなしでしたが、第6感が働いたのでしょう。産婦人科医院で万が一のことがあれば、必ず大学病院または総合病院へ搬送されます。タイムロスしないために最初から総合病院にしていたことは、安心材料でした。

 

〇自分がツライ時の記憶は一生残る

 →この記事で3回も登場している、この野郎です( `ー´)ノ

出産以外にも共通して言えることです。「ツライ」というだけでインパクトが強いのに、さらに追い打ちをかける出来事が起きたら、一生忘れません。

私は、特に夫婦間や家族での気遣いを忘れないようにしようと心に誓いました。

 

〇健康に生まれてきてくれただけで親孝行

 →健康。それだけで十分親孝行です。せっかく自分のもとに生まれて来てくれたこの子を一生大事にしよう。子育てにイライラする日、悩む日があったら生まれてきた日の写真をみて初心に返る。穏やかな気持ちを取り戻す手段にします。

f:id:se-sami-street:20170325021128j:plain

 

 

長々と呼んでくださり、ありがとうございました(^_-)-☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

*1:+_+

妊娠がわかったら~私の病院選び~

こんばんは。

花粉が大暴走する季節になりました。

私はエアーマスクとマスクで花粉から身を守っています。(/ω\)

 

さて、今日は妊婦さん&その家族に見てほしい記事です。

妊娠→出産を経て赤ちゃんを無事に迎えるため、重要になる病院選び。

今回は、私の経験と様々な病院選びの基準について書きます。

 

病院選びの基準とは?

あなたは何を重視して産婦人科を選びますか?

もちろん、安心して出産できるということは大前提です。

出産をするにあたって、病院にはいくつかの種類があります。

 〇大学病院・・・紹介状を必要とし、ハイリスクを伴う出産が多い。

 〇総合病院・・・他の診療科が多い。ハイリスク出産も対応。

 〇産婦人科医院・・・個人で開業。地域に根差したアットホームな産科

 

では、ここで思いつくままに産婦人科選びの項目を挙げ、できる範囲で上記の病院の種類を組み合わせてみます。

 

①お医者さんが信頼できる、優しい

②看護師さんが患者をよく気にかけてくれる

③病院内の雰囲気がよい

④病院の施設、設備が新しい(4Dのエコーがある、USBに画像保存サービス)

⑤診察の待ち時間が短い:医院

⑥丁寧な診察をしてくれる

⑦個室がたくさんある:大学、総合

⑧入院中の食事が豪華でおいしい:医院

⑨妊娠中の体重管理をしっかりしてくれる

NICU(新生児集中治療室)がある:大学、総合

⑪入院中のママへのリラックスサービスが充実している(マッサージ、アロマ)

⑫写真屋さんなどと提携した親子写真サービスがある

⑬母子同室か赤ちゃん預かりかを選択できる

⑭家族が宿泊できる

⑮妊娠中の緊急時対応をしっかりしてくれる

⑯自宅から近い

⑰母親学級、パパママクラスが充実している

⑱入院セットが充実している

⑲自分の交通事情に合っている(電車=駅が近い、車=駐車場完備)

⑳女性の先生がいる

 

私の病院選びの基準

結果、転勤族という事情もあるのですが、私は妊娠中の健診は1番近くの産婦人科医院=項目⑯で決定。

その後、里帰り出産のため妊娠30週近くから転院し、出産は総合病院を選択。

 

基準=母子ともに安全な状態が保証されていること。

コレが1番でした。(外せないですよね~)

理由は初めての出産だったので、出産に関する不安材料を少しでも減らしたかったからです。

 

ということで、私の出産病院の優先順位は・・・

NICU(新生児集中治療室)がある

⑦個室に入りたい(しかも各部屋シャワー付き)

⑬母子同室か赤ちゃん預かりが選べる(私は2、3日預かりを希望)

⑲駅から近い=検診も1人で行ける

 妹宅から近い=不測の事態への対応、買い物に行ってもらえる

⑱入院セットが充実(貸出パジャマや洗面用具がすべて揃っていた!!買い物少なっ)

 

という具合になりました。

 

ちなみに、先生や看護師さんは自分の相性とも関わる最も重視すべき条件。

なぜ、選択基準から外れているかというと、事前にママ友やネット、病院見学で情報を収集していて間違いないだろうという確証があったからです。特に病院見学で実際に看護師さんに会うと、その病院がどんな職場なのか、どんな先生なのかが少なからず見えてきます。

私が出会ったお医者さんや看護師さんは、とても丁寧な診察で優しい方たちでした。

人的要因は徹底的な情報収集が大切です

 

★私は、結果的にママの贅沢要素は後回しになってしまいました・・・

 きっとそういう思考癖なんでしょう(*´Д`)

★試しに病院の項目に優先順位をつけてみると、自分が安心して出産できる病院が選びやすくなります!!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

f:id:se-sami-street:20170323142805j:plain

 

 

 

 

 

 

家族への愛=自分を満たすこと

こんばんは。

子育て中のママさん、主夫さん、毎日の家事、育児に疲れていませんか?

今日は家族生活の中の「愛を注ぐ」ということについて書いてみます。

 

愛とは・・・

デジタル大辞泉の解説
あい【愛】

1 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「愛を注ぐ」
2 異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。恋。「愛が芽生える」
3 ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する愛」
4 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への愛」
キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー
仏教で、主として貪愛(とんあい)のこと。自我の欲望に根ざし解脱(げだつ)を妨げるもの。

 

愛について、多くの意味がありますが、今回は1や2を中心に考えていくことにします。

あなたは誰に愛を注いでいますか?

彼?彼女?親?兄弟?夫?子ども?ペット?好きなタレント?

彼氏、彼女への愛って比較的見えやすいです。だって、好きだから付き合ってるんだもんね。

 

しかし、恋人関係から家族関係になったとたん、私の感覚として

「愛を注いでるのは誰?って言われてもそんな意識ほとんどないのです」*1

きっと、この中の選択肢でいうと夫とか、子どもとかが一番近いのでしょうが、

英語のように、明確に「 I LOVE YOU」なんていう訳ないし、愛情ってなかなか見えにくい。(実はこれが曲者。)

 

よーく考えると、もちろん私にとって愛を注ぐ対象は大切な家族。(うんうん。)

その大切な家族のために、栄養バランスを考えた食事を作るし、夫が仕事に集中できるように家事は私。子ども達とも「ぎゅー」って言いながら思いっきりハグをするし、子どもの未来についてだって本気で考えます。٩( ''ω'' )و

そう、以上のことは、家族としていたって普通のことなんです。

 

いちいち「愛情たっぷり注いでいるからね~」なんて言いません。2回目ですが、これが曲者なんです!!

なぜなら、家族をいたわり、愛を注ぐのは普通だからこそ、自分が我慢している=限界になっていることに気づきにくいからです。

 

私は愛には2つの注ぎ方があると思っています。

 ①自然にあふれ出す愛・・・自分が満たされている状態

 ②絞り出す愛・・・自分に無理をしている状態

 

①自然にあふれ出す愛

 自分が満たされているとき、人への接し方はまろやかになります。特に家族とのコミュニケーションは円滑になることが多いように思います。

例えば、ご飯を作るときでも家族の好物を中心に献立を考えてみたり、誕生日にどんなサプライズをしようかを想像してウキウキする。

そう、相手の喜ぶ顔が想像できているのです。この時の意識の中心は相手。

 

②絞り出す愛

 一方、自分に無理をしているときは、言動にどこかトゲトゲしさが出てきます。家族との意思疎通がうまくいかないこともありました。

私の場合、上記と同じご飯を作るにしてもいつまでもやる気が起きません。面倒で仕方がなくなり、自分の最小限の労力でできる献立にしてしまってます。(ノД`)・゜・。

そう、この時の意識の向きは相手よりも自分です。

人間は見返りを求める生き物。相手の反応が薄く、自分に無理して相手への愛を注いでいるから、「自分がこれだけやっているのに・・・」

ってなりがちです。(私、よくあります。|д゚)

 

つまり、何が言いたいかというと

愛を注ぐためには、まず自分を満たしましょう

ということです。

自分に無理をして家族への愛を注いでも、いつか限界が来てしまう。家族を支えるママやパパが満たされてなければ、家族全体に悪い気が充満してしまいます。

自分が満たされていれば、相手にも寛容になれるし、自然と相手の喜ぶ顔を想像して行動できます。

 

そのために、私が気をつけていること。

〇家事は100点を目指さない。

 →疲れすぎたら絞り出す愛になります。私は80点でいいと決めています。

〇自分の体調や心の声に敏感になる。

 →心の声は今日のいいこと、悪いことを自分に問いかけ先に出てきたほうで心の傾き

  (プラス思考かそうでないか)をみています。

〇自分を満たす方法を複数もつ。

 →私はアロマ、1人お風呂、読書、ろうそくの火、マッサージ、美容室など

〇相手の反応に期待しない。

 →正直なところ、気になります。でも家族に感謝されるのって、病気になったとき   か、卒業式での手紙くらい。('Д')だから、依存はしません。

〇自分を優先する機会を設ける。

 →いつでも自分が後回しでは、ストレスがたまる一方です。

 

 

家族生活の中の当たり前の行動には必ず愛がある。

そういう私も家族の愛に支えられていることを忘れずにいようと思います。

f:id:se-sami-street:20170323011324j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:+_+

赤ちゃんの話〜「三つ子の魂百まで」と潜在意識

 

こんばんは。

今日は初めて携帯からのブログ更新です。

 

突然ですが、「三つ子の魂百まで」ということわざを聞いたことはありますか?

 

意味

幼時の性質は一生変わらないものだということ。

大辞林第3版)

 

幼いころの性格は、年をとっても変わらないということ。

デジタル大辞泉

 

このように、3歳までの乳幼児期の子育ての大切さを物語っていることわざです。

我が家には2人の子どもがいますが、その子達と生活を共にしていて感じるのは、

 

やはり乳幼児期の経験は未来に繋がっている!

 

ということ。

わが子の成長過程

泣くことだけで感情表現をしていた時期

 

→人見知りや後追いをし、親を認識することができるようになる時期

 

→「ママ、パパ、ワンワン」など意味のある言葉を発するようになる時期

 

→歩けるようになり、活動範囲が広がる。様々な遊び、体験を重ねて感情を表現できるようになる時期

 

→2語以上の単語で話し、言語発達が著しい時期

 

大雑把に書きましたが、我が家の子ども達を見ていると、こんな感じで成長しています。

 

以上の成長過程を踏まえて、ふと「3つ子の魂百まで」を連想したところ・・・

 

3歳まで、特に言葉を発するようになるまでって、ダイレクトに潜在意識にアクセスする時期じゃないか・・・と思ったわけです。

 

潜在意識

自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識。心の奥深い層にひそんだ意識。デジタル大辞泉

 

いわゆる、潜在意識への刷り込みやインプット中心の非常に大事な時期。それが、遺伝的な要素と相まってその子の性格の一端となるように思います。

 

思えば乳幼児期の経験って、子どもの意識や記憶に残るものってほとんどない気がしませんか?

 

親:1歳の頃にハワイに行ったんだよ

子:そんなこと言われても、ハワイなんて行ったことないし…

 

みたいな。

乳幼児期=潜在意識ダイレクト期とするならば、良くも悪くも「経験」がその子の一生を左右します。

 

しかし、子どもにとって、どの経験がどれだけ思考や心に影響しているのかが大人からは見えにくいのも事実。

=毎日の学びがあるはずなのに、それが目に見える機会って、親にとっては突然なんです。

 

例えば、言葉の習得とか良い例です。単語しか話さなかった子が、気がつくと2語で話せたなど。

 

そう思うと、初めての物との出会わせ方とか、うまくいかないことまで、色んな経験を積ませたいなと。特に失敗なんて大好物ですよね( ^ω^ )

そこからどう切り返すかなーんて。

 

今現在、乳幼児期を一緒に過ごしている我が子。

私の子育てのボロがたくさん出ている気がしますが、軌道修正しながら、子ども達との生活を楽しみます!

f:id:se-sami-street:20170320020614j:plain

 

 

 

赤ちゃんの話~胎内記憶って信じますか?~

こんばんは!

書きたいことはあるのに、子ども達に邪魔されぬよう隙間時間を見つけるのに苦労してている今日この頃。

子ども達2人一緒に寝るってなかなか難しいですね・・・(ノД`)・゜・。

 

さて、今日は赤ちゃんの話。特に胎内記憶について書いてみます。

胎内記憶をご存知ですか?

私は妊娠中に行ったマッサージに行ったことがきっかけで知りました。そのマッサージ師さんによると、逆子の赤ちゃんのに毎日話かけると、直るんだとか・・・

【胎内記憶(intrauterine memory)】
2~3歳の子どもに聞くと、胎内のことや出産時のことを語ることがあり、これを胎内記憶と呼ぶ。

胎内記憶を研究している池川明医師によると、精子だった記憶や、前世記憶、
中間生記憶(受精する前の記憶)を語る場合もあるという。
現代用語の基礎知識2013」(自由国民社)より

最初は、"そんなものってあるんだ~"程度の認識で流してました。

 

・・・が、お腹の中で日に日に大きくなり、自分とへその緒で繋がっているんだと思ったら、私の想いや見ているものが伝わることはあるかもしれない・・・

 

そして、妊娠中に脳細胞や神経が作られるのだから、その頃の記憶があってもおかしくないんじゃない?

 

そして何より、胎内記憶ってものを信じてたほうが、ワクワクする!!

と思い、早速手にしたのが、先に出てた池田明先生のこの本!! 

ママのおなかをえらんできたよ。

ママのおなかをえらんできたよ。

 

 池田先生は産婦人科の先生です。ご自分で赤ちゃんを取り上げた多くの経験とお母さんやお子さんへのインタビューなどから、胎内記憶の研究を進めている方。

 要約すると

「赤ちゃんは親を選んで生まれてくる。生前、自分の生き方を選んでこの世に生まれ、やがてその記憶は薄れていく。」

ということ。

①「ママのお腹の中は暗くて温かかった」など様々な子どもの具体的な証言

②池田先生のママや子どもの心に寄り添った見解

によって書かれています。

 

結果、「読んでよかった~!!」というのが私の感想。

 ①妊娠・出産の不安が安らぎました。

 ②自分を選んで来てくれたと思うと、赤ちゃんの愛おしくなります。

  →お腹の中の赤ちゃんとのコミュニケーションが増えました。

 ③この子を一生大事にしようと思いました。

 ④自分が今の親を選んだとしたら、なぜだろう?

 ⑤2~3歳になったら胎内記憶を話してくれるかな?

  (お風呂の時間や寝る前などリラックスしたときが良いそう。)

 

読み終わったあとに、とても穏やかな気持ちになりました。初めての出産だと、出産時の痛みとか産後の生活に不安になることが多いはず。

だって、初めて母親という立場になるのだから不安になるのは当然のこと。

 

お腹にいる赤ちゃんのお世話をしなくちゃいけないと思うと負担になる。でも、一緒に誕生する瞬間を乗り越えよう=同士になろうと思うと、心がなんだか軽くなる。

 

これから出産を迎える人初めてパパになる人子育て中のイライラに悩んでいる人は、ぜひ胎内記憶について頭の片隅にとどめておくと気持ちが楽になる気がします

 

私は胎内記憶について信じますか?

って聞かれたら、迷わず「はーい!(^O^)/」

って答えます。

 

科学的な真偽はさておき、それで自分と赤ちゃんが唯一無二のかけがえのない存在として位置づけられるから。

育児に疲れてきたら、お腹にいた頃の気持ちを思い出して子ども達と向き合いたいと思います。

(実際、毎日が格闘です・・・)*1

 

 

 

*1:+_+

献立時短術~苦手な「献立を考える」を克服するアイディア~

おはようございます。

今日は子どもが早く寝てくれたので、ゆったりタイムがとれてご満悦。 ^^) _旦~~

 

さて、今日は家事の悩みの種1つになる料理、特に献立について書いてみます。

掃除も洗濯も手順が決まっているのに、料理だけは毎日献立を考えるところから始めなくちゃいけなんですよね・・・(*´Д`)

私はこの献立を考えるのが苦手なんです・・・

寝不足で調子が悪いときは、夕飯について考えるのが憂鬱になります。

また、子どもが生まれてからテレビも本も携帯も見る時間が制限され、料理の情報を得る機会が減りました。

(今じゃクックパッドという便利な情報源があるのに、使えていない・・・)

 

そこで、私は考えた。うーんと うーんと考えた。

そうだ、レシピ表を作ろう!

今作れる料理、(すぐに出せるモノも含め)をメインのおかず、サブのおかず、サラダ、汁物

に分けて書き出すことにしました。

すると、結構あるんです!

(たらことかフザケたものもあるけど、食卓にのぼりますよね?!)

f:id:se-sami-street:20170316010800j:plain

 

 

完成してみての一言。

「なんだかレストランみたいだな・・・。」(´・ω・`)

早速、活用してみました!(^^)!感想を書き出してみます。

 

 

  • 献立を考える時間の短縮ができた。=苦痛ではなくなった。
  • 買い物をする時間の短縮ができた。
  • 結果、余計な買い物が減った。
  • 長期的(3日~1週間)な献立も考える余裕ができた。
  • 栄養バランスを考えた組み合わせができた。
  • 料理を作る手順が想定しやすくなった。
  • マーカーでチェックすることで、作ったものも記録できる。
  • さらに作れる料理レシピを増やそうという気になった。
  • 夫が夕食のリクエストをしてくれるようになった。

 

 思いのほか、メリットが多くてビックリしました!(≧▽≦)

特に、夫が反応してくれるのは、うれしいですよね~。

私は数回に分けてパソコンで入力しましたが、パソコンを開くのが面倒・・・という方は、ルーズリーフなどの罫線が入っているものを縦に4つに分けて、毎日作ったものを記録していくだけで、メニュー表が完成します!!

 

気になった方は、ぜひやってみてくださいね~☆彡

 

PS.スターやコメント励みになってます。ありがとうございます。