読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さーみsa-mi’s 子育て・人生ダイアリー

子育てや人生における自分の思いなどあれこれ書いてます。

うれし、恥ずかし、母の日~母の日の苦い思い出と母になること~

こんばんは。

母の日の翌日に記事を更新するつもりが

突然の高熱で、今日になってしまいました・・・。

「そのときの想いを記録する!!」

というブログなので、

今日は、遅ればせながら、母の日の記事です(;一_一)

 

ヤバい!今年の母の日のプレゼントは何にしよ?

毎年のことですが、GWを過ぎたあたりから

「母の日のプレゼント・・・どうしよ?」

ってなってます(*ノωノ)

実母とは、GWに一緒に買い物に行ったので

欲しがっていた洋服を。

 

さぁて、義母には何がいいかな?

とようやく本腰を入れたのが11日の木曜日

(遅い・・・(*´з`)

ちなみに、去年は純粋にカーネーションの鉢植え

とお菓子のセットでした。

ブログやネットを検索しながら

たどり着いたのが、コレ!

f:id:se-sami-street:20170517234024j:plain

ティーポットの中でカーネーションの花が咲く

という粋なプレゼント!!

しかも、お菓子付き!!!

→お菓子はバームクーヘンと焼き菓子、タルト

の3種類から選べます。

(お茶にはスイーツが欠かせませんから)( *´艸`)

ティーポットは紅茶にも緑茶にも使えて

いいかな~と思い早速注文。

 

これで一安心(#^.^#)

気に入ってくれるといいな~

と思いながら迎えた14日。

 

義母からメールが・・・

綺麗な花とマロンパイに舌鼓♩

だそうです。

よかった、よかった(*^▽^*)

 

あ、私も母だった!

ようやく義母へのプレゼント選びが終わって

気に入ってくれるかどうかばかりを

考えていた私。

 

久しぶりに長女を一時保育に預け、

ルンル気分で迎えに行くと・・・

なんと、帰り際に保育士さんが

持ってきてくれたのは、

母の日のプレゼント飾り!!

長女から

「はい、どーぞ。」

と渡され、ビックリしている私。

まさか、プレゼントもらえるとはね~( ゚Д゚)

 

週に2回しか保育園にいってない

長女がおそらく今日、書いたであろう

ぐるぐるとお花紙を丸めたものを

飾りとしてキレイに作ってくれた!!!

しかも、写真入り!!

f:id:se-sami-street:20170517235951j:plain

 思わず、涙ぐむワタシ・・・(ノД`)・゜・。

だって、人生初の娘からの母の日のプレゼント

なんだから・・・。

そして、長女からの飾りを受け取って

私も人の親になったんだ・・・

と改めて実感。

私、母になったんだよ・・・

 

こんな記念日を作ってくれた

保育士さんに感謝します(≧▽≦)

 

長女よ、こんな母にプレゼントをありがとう!

大切にするからね♡ 

 

5月14日の出来事 

長女からのプレゼントに胸がいっぱいで

大満足の私は、いつもと変わらず

家事をこなしてました。

ただ、プレゼントが無事に届いたか、

気に入ってもらえたかという

義母の反応だけが気がかりな1日。

 

家事が終わり、一息ついていると、

夫が毎週恒例の娘との散歩へ。

なんと、その日は次女もベビーカーで

連れてってくれるそうな・・・( *´艸`)

「夫様、ありがたや~」

と感謝しつつ、お茶とお菓子片手に1人時間(^^♪

 

1時間半後、帰宅した長女の手には・・・

ジャーン!!

f:id:se-sami-street:20170518001252j:plain

素敵なカーネーション

1人時間だけでもありがたいのに、

まさか、2度プレゼントをもらえるとは・・・(≧▽≦)

本当に、本当にありがとうございます(∩´∀`)∩

(ありがとう、夫★)

 

うれしいけど、なんだかくすぐったいような

不思議な感覚。

私にとっての母の日は素敵な1日になりました。

 

母の日の思い出と私の想い

今回このように、うれしさ満載の記事を

書いてますが、私はこれまで

アンチ母の日派でした。

理由は、私の初めての母の日にあります。

 

3,4歳の頃、田舎で育った私は

近くにオシャレなお店などなく、

商店街で母の日のプレゼントを購入。

小さいながら、母の顔を思い浮かべながら

真剣に選んで買ったスカーフ。

 

会社から帰った母に渡すも

私の期待とは違った反応で

プレゼントを渡したことを後悔したという

苦い思い出です。

当時は、もう絶対プレゼントを贈らないと決心。

(今でも覚えてるんだから、よほどのショックだったのだろう)

 

今思えば、母の感情表現下手が

このような結果になったと思うのだけど、

自分が親になって思うことは

まずは、子どもの気持ちを受け止めよう

ってこと。

 

モノじゃない、自分のことを思ってくれる時間が

そこにあったという事実こそが私にとって有り難いこと。

 

もし、娘たちが生まれてなかったら

母という立場にはなれなかった。

娘たちが生まれてきてくれたからこそ、

母として成長させてもらっている。

 

そして、私が実母と違うのは

現在、育休中で娘たちの気持ちを受け止めるだけの

時間と心の余裕があること。

きっと、当時は産休しかなかった時代。

初めての子育てと仕事の両立で

忙しい毎日だったであろうことが

母になってようやく想像できる。

(これも母になって分かったことだけど)

 

だから、母の日だからプレゼントをくれ!とか

母の日だからプレゼントを贈るべき!とか

母の日だから感謝すべき!!

とは微塵も思いません。

 

同じ家族とはいえ、人それぞれ関係が

違うのだから。

自分の思いに忠実にいれば、それでいい。

逆に感謝の気持ちがある人は

毎日感謝の気持ちをを伝えることだって

可能なはず。

 

ただ、感謝の気持ちを伝えるのは

ちょっと・・・という人にとっては 

母の日はいい機会になると思いますよ。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました(^_-)-☆