読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さーみsa-mi’s 子育て・人生ダイアリー

子育てや人生における自分の思いなどあれこれ書いてます。

久しぶりの職場へ〜育休中に仕事ついて考える〜

こんにちは。

今日は仕事と私について書きます。

 

私が職場に行った理由

 

 

今日は子ども達を実家に預け、

新しい上司に挨拶をするため、

久しぶりに職場に行ってきました。

 

予定を入れたときからワクワクしていた私。( ^ω^ )

 

だって、夫以外の大人で

仕事の話ができるのって

なかなかない機会だもんね( ^∀^)

 

①新しい上司はどんな人か?

 

②今年の人事や組織体制など

同僚から話を聞きたい。

 

そして、何より

 

③育休中の私が職場に行って

何を感じるのか自分でも

知りたい!

(コレでしょう!!)( *´艸`)

 

さてさて、その結果・・・

 

職場に行ってわかったこと

 

❶新しい上司について

私の家族の状況と今後の復帰計画について話をする。

新しい上司は、初対面の私の話を

親身になって聞いてくれた。

 

しかも、私は家族の事情により

復帰を早める可能性がある。

組織体制を変えることになるため、

大抵の上司には

嫌がられることが多い。

恐る恐る復帰の時期変更

について伝えると

 

上司は・・・・

 

快諾してくれた!!

しかも、自分の子育て経験からの

アドバイス

本当にありがたい(о´∀`о)

私にとっては神だ〜!

 

❷同僚との話

今回、幸運にも8人の同僚と

話す機会があった。

仕事内容について聞いてみると

やはり、忙しい様子。

 

さらに、今年は勤務する人数も

減ったそう・・・(*´Д`)。

独身時代は自分の時間を

削って働くことができたけど、

子どもがいるとそうはいかない。

 

これまでの働き方を変えなければ

復帰は難しいということが

ひしひしと感じられた。

 

また、嬉しいことに

「早く戻ってきてよ」

の声をいただく。

 

普段、子どもとの時間が中心の私の生活。

それは、それでよさがあるけど

共通の話題で

冗談をいいながら話せる

この時間が

ものすごく心地よい。

 

多分、子どもといると

話を聞くことが中心で

自分の話を聞いてもらうなんて

ほぼないからだろう。

 

子どもに「〜しようね」

と言ったところで

イヤイヤ期真っ盛りの長女には

拒否されることばかり。

 

(夫かお隣のママくらいしかいないのよ。

夫よ、それだけ

重要なポジションにいるんだからね、あなたは。( ̄▽ ̄))

 

同僚と話をする。

たったこれだけで

なんなんだ、この満足感…(≧▽≦)

 

❸仕事を離れてみて感じたこと

大変さの中にも

同僚の話の中には

笑顔があり、学びがある。

 

たくさんの同僚と話をして

実際に職場の空気を感じて

やはり自分は

この仕事が好きなのだ。

 

やりがいがある

と感じているのは確からしい。

また、あの職場に行きたい

と思えた自分がいた。

 

(前に退職も視野に入れていると書いたばかりなのに…( ̄▽ ̄)

 

そして、願わくば

今の新しい上司のもとで

働きたい!

コレが本音(´∀`)

 

心の声は、その場の空気を感じ、

アンテナを張り巡らせ

自分としっかり向き合わないと

聞こえてこないものだと実感。

 

❹新たな発見

職場を出ると真っ先に

子ども達に会いたくなった!

今すぐぎゅーてしたい衝動。

 

ちゃんと留守番できてるかな

とか思いながら、急いで帰る私。

 

普段は一緒にいすぎて

ゆっくりする時間がほしい

とか思うくせに…(ワガママだな)

 

これも、今日職場に行けたからこそ

わかったこと。

 

働き始めたらきっと

もっと子ども達が恋しくなる。

 

そう思ったら

子どもと向き合う時間の

質を高めようと思った。

 

まとめ

女性にとって仕事と家庭の両立が

大変なのは100も承知。

 

あとは、育児のサポート体制や

環境をいかに整えるかが

私の課題。

 

残された時間で自分のキャパ向上と

周りを巻き込んだ環境づくり+保活をしていきたい。

 

その意味で、夫のお弁当づくりは

朝の忙しい時間のスキルアップ

なるかもしれない(о´∀`о)

 

今日という1日は

仕事から離れているからこそ

働き方を見直すいい機会となった。

f:id:se-sami-street:20170424032136j:plain