読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さーみsa-mi’s 子育て・人生ダイアリー

子育てや人生における自分の思いなどあれこれ書いてます。

第一印象という名の色眼鏡〜あなたは第一印象を気にしますか?~

おはようございます。

昨日は歯医者の日でした。

実は、この歯医者の日。

悪気なく、正当な理由で

1人時間が確保できるので

私はとても楽しみにしているんです( *´艸`)

(治療中、子どもは歯医者内の保育士さんが見ててくれる(^^♪)

 

samisamiism.hatenablog.com

 

 

samisamiism.hatenablog.com

 今日は、その歯医者さんでの出来事をきっかけに

「第一印象」のお話です。

※ここから、マイナス感情の表現が含まれます。

スタートから、気分が悪い!!となる可能性が

ある方は、ここで読むことをおやめください。<(_ _)>

 

診察まで1時間待たされるの巻

 

昨日の歯医者の予約時間は、午前11:00~

どうにか2人の子ども達の準備と家事を終え、

なんとか11時前に歯医者に着く。

しかし、子ども専用待合室にて、

10分待ち(このくらいは、遅れるかもね・・・(*'▽'))

30分待ち(前もこのくらいは、待ったか・・・(´・ω・`)

40分待ち

(さすがに、もう少しで呼ばれるでしょう・・・(*´Д`)

1時間待ち(もうお昼じゃん!一体なぜにこんなに遅いんだ・・(;一_一)

 

ようやく1時間過ぎて、

保育士さんに問い合わせをしようとした頃

「さーみさーん、診察室へどうぞ。」

と若い歯科衛生士さんに案内される。

しかし、この今回初めて担当の歯科衛生士さん、

時間が遅れたことに対しての謝罪も

遅れた理由の説明も一切ナシ!( `ー´)ノ

 

(前回まで担当の衛生士さんは、たとえ10分遅れたとしても

「お待たせしてすみません」という一言があったためのイライラ・・・)

 

診察室まで行く間に、だんだんイライラが増していく自分・・・(+_+)

(冷静に考えれば、なぜ遅れたのか聞けばいいのですが、

完全に感情に支配されてますね・・・)

 

この時のワタシ・・・

子どもを2人抱えての外出中に

空腹時の負の感情の増幅はすさまじいものですよ・・・

 

 〇1時間待たされてなにもないって・・・

 〇子ども達、お腹が空いて不機嫌になってないだろうか・・・

 〇いや、私のほうがお腹すいてるんですけどっ!( `ー´)ノ

 〇というか、この歯科衛生士さんの印象が悪すぎっ!

 

そこから負の感情で物事を見だすわけです・・・(+_+)

①うがい用の水道の蛇口を見ては

→ほこりがたまってるよ

(小姑みたい・・・)

②診察してくれる先生に対しては

→お若くて大丈夫かな?

(先生に何の罪もありません・・・)

③時計を見ては

→どんだけ、歯医者にいればいいの?

(先生や歯科衛生士さんに時間を聞けばいいのです・・・)

 

そう、歯科衛生士さんの印象を引きずり

診察中に見るモノすべてが

悪いように見えてしまうのです。

(読者の皆様には、お見苦しい内容を

掲載してしまいました(ノД`)・゜・。)

 

第一印象って気にしますか?の巻

皆さんは、この春出会った人に

どんな第一印象を持ちましたか?

 

また、自分はどんな第一印象を持たれたと思いますか?

 

私自身、あまり第一印象って気にしていませんでした。

相手に対する印象は、自然と湧き出るモノ。

自分に対する第一印象は、相手が勝手に作るモノ。

どんなふうに思われようが私は私。

って思っていたんです。(結構強気・・・)

 

ちなみに、私は良く言って「冷静」

悪く言って「冷たい」

と言われることが多かったです。

(職場の皆さん、夫談・・・)

でも、自分じゃ「冷静と言われるほど冷静ではないし

冷たいってほど人に冷たくした覚えはない」

ってくらいにしか捉えてませんでした。

 

すでに、ここまで読んでいただいた皆様には、

感情の起伏が激しいことをお披露目してしまいました・・・

すみません(*´Д`)

 

自分の中での位置づけ=私は「冷静」ではないんです。

ただ、プラスの感情が表出していないだけなんです。

いや、かぎりなくウレシイ♡とか心の中ではあるんですけどね・・・

怒りとか顔に出るのに、なんて損してるんでしょう・・・

 

自分が思い描いている自分と違った印象を持たれてる

しかも、マイナスイメージが大きい(;一_一)

これは、間違いなく損です・・・

 

その意味で「第一印象は大事」を実感しました。

 

第一印象はどれだけ大事なの?の巻

 

今回学んでことは

「第一印象って自分の今後を大きく左右する」

ということ。

しかも、その人が組織に属する場合、

その人を介して、組織全体の印象が決まる。

「その担当者1人が組織の顔になる」

→組織の信頼に繋がるってこと。

(特に、営業職の方、大変ですね・・・)

 

「笑顔が素敵だな」など第一印象で 

良いイメージを持たれた人は

今後のその人の言動がよく見えてくる。

つまり、最初の良いイメージで自分の色眼鏡が作られ

その人を見るようになる。

その結果、相手はその人のよさが目につくようになる。

 

〇笑顔=明るい人、前向きな人という印象

 →明るく、前向きな言動が目に付く

 →やはり、「前向きな人」と納得

 

反対に「愛想がない」「素直じゃない」など、

第一印象が悪いイメージを持たれた人は

今後、その人の言動はマイナスに捉えやすくなる。

残念ながら、相手に悪いイメージの色眼鏡を

形成されてしまう。

その結果、悪い言動ばかりが目につきやすくなる。

 

●愛想がない=冷たい人という印象

 →冷たい言動に目がいく

 →やはり「冷たい人」と納得

 

第一印象によって、関係のスタートがまったく違うんです!!

 

しかも、厄介なことに第一印象を変えることは難しい。

なぜなら、相手はすでに色眼鏡をかけて見ているから。

 

そして、第一印象=「初めて」の機会は

平等にあるのに対して

名誉挽回の機会となるであろう「第二印象」って

その人と接する機会に左右される。

 

もし、相手の自分への色眼鏡を変えたいのであれば、

会う時間と回数を増やして、本当の自分、

見てほしい自分を

見つけてもらうしかない。

 

さらに、第一印象はほんの数分、数時間で決まるのに、

本当の自分、見てほしい自分をわかってもらうには、

その数倍の時間を要する。

 

そう思ったら、

第一印象がいいに越したことはない!!

 ですよね!(^_-)-☆

 

加えて、第一印象は人だけじゃなく物事にも言えます。

 

 

今回は、1人の歯科衛生士さんの印象から学んだことでした。(^_-)-☆

 

ちなみに、詰め物をするときから 

歯科衛生士さんが変わり、

「あと5分で終わりますよ」とか

「大変お待たせしましたね」と声をかけられ、

上機嫌になって、子ども達と家に帰る私でした。

(これが欲しかったのか・・・単純だな)

 


にほんブログ村
にほんブログ村