読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さーみsa-mi’s 子育て・人生ダイアリー

子育てや人生における自分の思いなどあれこれ書いてます。

仕事のち育休生活~出産前と育休中に思うこと~

こんばんは。

もう4月ですね!!

4月になると新しいことが始まる予感満載で

なんだかワクワクします(^^♪

 

さて、今日は仕事中と育休生活で感じたことについて書きますよ。

 

私は、大学卒業後から仕事を始め、産休・育休に入るまで

10年間仕事をしてきた。

今考えると、かなり本気度MAXで働いており٩( ''ω'' )و

朝7:00~夜9:00は当たり前。

遅いときは、日をまたぐこともあり、家に帰って寝るだけの生活・・・

さらに、終わらないときは持ち帰って仕事をする始末。

それでも、達成感はあったので、ツライことはあっても

仕事を辞める選択肢はなかった。

(迷ったことは正直ある・・・(/ω\)

 

そんな私が産休に入ることになり、

突然ののんびり生活。

今までの生活とは180度変わる訳ですよ。

 

最初は「自由だ~!!」と喜んでいたものの、

1週間もすれば飽きていた。

 

〇話をするのはのは夫だけ。(夫、転勤。知り合いなし)

〇妊娠中だんだん体が重くなり、散歩も1時間が限界。

〇仕事といえば、家事のみ。(評価してくれる人は夫だけ)

〇赤ちゃんを迎える準備を終えてしまえば特にやることなし。

いや、退屈レベルではなく、

社会から切り離された感・孤独感満載でした

(ノД`)・゜・。

あんなに「大変だ」と思ってた仕事に未練タラタラなんですもの。

 

その後、無事に出産を終え、育休に入って思うこと。

仕事してたときのほうが、世間が狭くないか?

 

ツイッターで呟いたとおり、今やネットやSNSで

いくらでも人や新しい知識と繋がれる。

きっと、育休なしだったら気づかなかったこと。

盲目的に働いてたんですねー、私。

 

仕事してたら、料理も今ほど覚えてないし、読書もツイッターもしてない。

メルカリもやってないだろうし、ブログなんて書く余裕なかったはず。

 

育休というありがたい時間をもらったこそできたことって結構ある。

まさにime  is  money だ。

この間、子どもとの時間を大切にしながら

新しいことをたくさん始めようと思う。

産休・育休前は考えもしなかったことだが、今は退職も視野に入れている。

(育休中だから仕事復帰前提ではいますが・・・)

 

やはり、子どもとの時間は大切にしたいですからね。

子育てなんていくら長くても我が子が18歳まで。

いや自立が早ければ義務教育が終わる15歳で、

親の元から離れていく子もいる。

 

それまでに私自身もたくさんのスキルを身につけておきたい。

チャレンジ期間を十分に満喫するぞ!!

今日から4月。なんだか、やっぱりワクワクする(^_-)-☆

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村