読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さーみsa-mi’s 子育て・人生ダイアリー

子育てや人生における自分の思いなどあれこれ書いてます。

今の自分はどうやって形成されたのか~時間は未来から流れてくる~

こんにちは。

今日は子どもと外でシャボン玉。

春らしさを感じることができました。(^^♪

 

さて、今日は「今の自分はどうやってできたの?」ということに

ついて書きます。

 

私は現在の自分が好きです。

 

・・・が、仕事で忙しくいていた頃は、失敗はするし、人間関係では悩むし、

自分自身にも仕事にも嫌気がさしていた時期がありました。

そんなとき頭をよぎるのは

「前も○○して失敗していたし・・・」という自己嫌悪感。

「いつも自分ばかりがこんな目に遭っている・・・」という被害者意識

 

嫌な過去の思い出を引っ張り出したり、

自分より良い状態の周りの人達と比較したりして考えていました。

 

つまり、過去のマイナスの部分にフォーカスして今の自分

を位置づけていました。

 

そもそも私自身、

過去の色々な選択や経験によって今の自分ができた

という思いが強かったのです。

 (過去の経験が今の自分に影響を及ぼしていることは否めませんが。)

そうすると、

「あのとき、○○していれば別の道があったはず・・・」

という後悔やきっと訪れていたであろう違った未来をうらやむようになる。

(まさに、タラレバ娘!!)|д゚)

 

そんなとき、私に衝撃を与えたのが

「時間は未来から流れてくる」という考え方。

以下参考。

 

本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード

本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード

 

 

 

 

 

 

当時は「未来は過去の積み重ねでできているに決まってるじゃん!」( `ー´)ノ

って思わずツッコミをいれました。

 

簡単にいうと、

「未来の自分が望んでいる姿=今の自分という形で表出している」

「今の自分は、未来の自分が望んだ人生を歩んでいる」

ということ。

 

ここでミソなのは、

①未来の自分を明確に想定すること

→未来の自分が想定されてないと、今の自分の構成要素は「過去の自分」だけになる。

私みたいに過去の選択や経験で未来が決まると思ってたら、未来は過去に左右されるのです。

②未来の自分を想定するには、潜在意識の力を使う

(これはまたの機会に書きますね。)

 

イメージとしては、人生に自分軸をもつという感じ。

自分軸があれば、そこからずれたときに、修正できます。

軸がなければ流されるだけ。

 

そこで、私が実践したこと。

自分のライフイベント表を書く!!

f:id:se-sami-street:20170329171656j:plain

自分たち家族の年齢ごとに起きるライフイベントは決まっています。

まずはそこを可視化し、そのときにどんな状態でいたいのかを

明確に想定します。

どこに住みたいか?

どのくらいの費用が必要か?

どんな生活を思い描くか?

 

このライフイベント表をもとに、自分の思い描く未来を創造するのです。

計画だから、いつ変更しても構いません。

いかようにも脚色してよいのです。

ポイントは自分の人生に「軸を通す」ということ。

 

このライフイベント表を作ってみて

「未来から時間が流れてくるってこういうことか!!(*'▽')」

と納得しました。

未来の自分の姿(願望)

→今の自分が必然的に決まってくる(今の状態を引き寄せる)

  

すると、過去に縛られなくなります。

たとえ失敗しても

「あのときの判断は、ベストだった。ただ遠回りしただけ。」

と自分の過去も受け入れられるようになるのです。

すると・・・

 →自己嫌悪感がなくなる

 →自分が好きになる

 

「時間は未来から流れてくる」

皆さんの参考になりますように(^_-)-☆

 

ランキングにさんかしました!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村      ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村