読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さーみsa-mi’s 子育て・人生ダイアリー

子育てや人生における自分の思いなどあれこれ書いてます。

大人の夢~ワクワクした毎日にするために~

こんばんは。

今日はお隣のママの家に半日入り浸ってました・・・

子ども達も私達もストレス発散になるから

そんな関係でいてくれるお隣さんに感謝です(≧▽≦)

 

さて今日は、「自分が思い描く夢」のお話。

「夢」の意味は様々なものがありますが、今回は2、3に近いでしょうか。

私は「夢」=ワクワクする未来の出来事だと思っています。

 

ゆめ【夢】

《「いめ」の音変化》
1 睡眠中に、あたかも現実の経験であるかのように感じる一連の観念や心像。視覚像として現れることが多いが、聴覚・味覚・触覚・運動感覚を伴うこともある。「怖い夢を見る」「正(まさ)夢」
2 将来実現させたいと思っている事柄。「政治家になるのが夢だ」「少年のころの夢がかなう」
3 現実からはなれた空想や楽しい考え。「成功すれば億万長者も夢ではない」「夢多い少女」
4 心の迷い。「彼は母の死で夢からさめた」
5 はかないこと。たよりにならないこと。「夢の世の中」「人生は夢だ」→夢に →夢にも   出典|小学館 デジタル大辞泉

 皆さんには「夢」はありますか?

幼い子どもや成人前の高校生、大学生にはよく問いかけているこの「夢」

大人になると「夢」はなくなってしまうのでしょうか?

 

そうではないですよね。

意識しなくなるんです。忘れてしまうとも言いますか。

 

子育てや仕事など、目の前のことに精いっぱいだから

自分のやりたいことが見つからないから

そもそも「夢」ばかり見ているようじゃ現実を見れない・・・など

 

でも「夢」があることでワクワクするのなら、

絶対に自分の中に持っていたほうがいい!というのが私の考えです。

毎日そのことを考えるとワクワクする

時間が過ぎるのが楽しくなる

そんな気持ちを常に持っていたなら、毎日の生活にちょっとした潤いが生まれます。

辛いときがあっても、「夢」に目線をうつせばいい。

そう、自分の気分を上げる↑!(^^)!ためのアイテムにすればいいのです。

 

そこで、私が実践していること。

実現したらワクワクすることを100個書く!!

コレ、毎年やってます。

「2か月に1回はエステに行く」という小さなものから

「海外に移住して、観光ボランティアをする」という比較的長期スパンのものまで

たくさんありますが、とにかく100個書くのです!

すると、自分の中に意識化され、「夢」を書いているだけでワクワクします( *´艸`)

 

私が昨年書いた100個の夢のうち、実現したのは17個。

これを多いと見るか、少ないと見るか色々意見はあると思いますが、

夢のレベルを問わず、単純計算すると、6年で100個の夢が叶うんですよ!!

すごくないですか?!(≧◇≦)

 

しかも毎年「夢」を書いていると「夢」の質も変化します。

そう、年数やかかる費用などの数字が入ってより具体的になる!

なんだか、もうすぐ叶いそう・・・な感覚。

 

また、毎年出てくる「夢」が出てくる=本気度高い!!

 

「夢」を見える化すると、自分が主役のワクワクした未来が見えてくる。

→そのワクワクした大人を見ることで、子どもも「大人って楽しそう」って思える。

→子ども達自身が楽しい未来を創る

私はそんな感覚を覚えました。

最後に・・・

皆さんには「夢」はありますか?(2回目です!)

 

※これを書いている私がなんだかワクワク(^^♪

 ここまで読んでくださり、ありがとうございました(^_-)-☆