読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さーみsa-mi’s 子育て・人生ダイアリー

子育てや人生における自分の思いなどあれこれ書いてます。

子育て中の1人時間~あぁやっぱりほしいんです|д゚)~

昨日は歯医者に行ってきました。

私が通っている歯医者さんは保育士さんがいるので、子連れで時間を気にせず行くことができます。

なので、子どもの予防歯科通院のついでに、自分も通うことにしました。

歯科衛生士さんに案内され、治療用のいすに座ってまず思ったこと...

 

ものすごーくホッとする~

どれくらいぶりに1人になっただろう

 

そうです、ワタシ治療のこと考えるより先に、1人になれたことへの満足感に浸ってました(*'▽')

普段、気を張ってるってことなんだろうな。

保育士さんだし、それだけ安心して子どもを任せられているってことなんですが、そのとき思ったのは、やっぱり1人の時間って大事です!!!

 

子育てが仕事なんだから、1人の時間なんて...と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、子育てを充実させるために、心に余裕を持つために必要なんです!!!

いくら仲のよい家族だって、友達だって距離感が近すぎれば疲れてくるのは当然のこと。

ママが疲れていたり、イライラしてたら必ず子どもに良い影響があるはずがありません。子どもだってママが笑顔でいてくれたほうが、伸び伸びと生活できます。

 

ただでさえ女性は、子どもが生まれた瞬間から「母親」という立場になり、独身時代とはまったく違った世界に足を踏み入れます。

新生児の頃は、昼夜問わず、2,3時間おきに授乳をして自分の時間なんてほとんどない生活になる...世の女性は当然のことのようにやってますが、いくら愛情があってもコレ、ほんとツライときあるんです...

私もあるネット記事で読んだのですが、

(すみません出典忘れました...分かる人教えてください)

出産時周りの人は

「おめでとう」「無事に生まれてよかったね」「かわいい赤ちゃんだね」

のおめでとうラッシュ。そんな中、

「私、ツライんです」「1人の時間がほしいんです」って言えない環境になるって。

その意味で子どもはママの自由略奪者になりますって。

コレを読んで泣けてきました。(/_;)

だってあまりにも自分の本音を言い当てられたから。

 

だからこそ、だからこそ意識して1人の時間を取ってくださいね。

心の余裕を作るために、家族の笑顔を守るために。

お子さんにとってのママは1人しかいないのですから(^_-)-☆

 

※ただ、1人時間確保のためには、家族の協力が不可欠。

次回、いかにして1人の時間をとるか書いてみます。